証券の書類は比較する

証券と一口に言っても、色んな種類が存在します。

証券の種類には、株、投資信託、国債などがあります。
その中でも、利用する人が多い、国債と投資信託の比較をしてみましょう。


まず、国債は、投資家が国にお金を貸す貸主になり、その借用書のことをさします。

つまり投資先は国や政府関係機関、地方自治体になります。


投資の大事なポイントとしては、リスク回避です。



投資は、投資先が倒産、破綻することを一番恐れます。


自分が投資したお金を回収できないリスクがある為です。

その点においては、国債は、手堅い投資と言えるでしょう。国債のデメリットとしては、一度債券を購入すると、還元されるまでの一定期間、そのお金は使えないという点にあります。



国債の期間は、10年、5年、3年と三種類あり、その間は国にお金を貸していることになりますので、自分の使えるお金と換算できない部分です。



次に投資信託ですが、証券の中でも初心者が一番始めやすいものとして扱われています。

投資信託は、多くの資産から集めた資金をプロの投資家達が運用してくれるやりやすいものですので、投資で資産運用を始める人にはおすすめです。

こちらは、国債と比較すると、種類も非常に多く、分散して投資ができるというメリットがあります。
そのほかにも、国債と比較して、利回りがいいという点があります。


国債も利率が変動型のものもありますが、投資信託は基本的に、利率は変動するものなので、より多くの収益が出た場合は、それだけ還元率も上がりますので、資産を増やすことが可能です。